意味不明なタイトルと思った方も多いかと思います。

これは、文字の大きさ、行間の広さを表す単位です。

級(Q)は日本独自の単位で、

1Q=1H=0.25mm(1ミリの1/4(= Quarter)から)

歯は、写真植字で印画紙を巻いたドラムを

回転させるための歯車が0.25mmだったことから。

ポイントは、欧米でも使われています。

(アメリカ・日本は1pt= 0.3514mm、

ヨーロッパは1pt= 0.3579mm)

地域によって違うなんて、ややこしいですね。

 

ちなみに、日本で活版印刷の時代は

「号」という単位を使用していました。

wordで標準の10.5ポイントは5号。

 

デザイナーが制作したあと、

編集者やディレクターが赤字(修正指示)を入れます。

そんな時、「1Q上げ、1Q下げ、1Hツメル」

といった具合に使われます。

 

過去の印刷物にある文字が何級なのか、

データで確認できれば簡単ですが、

印刷物しか手元にない!というときはこれ、

「級数表〜!!」

東京は神楽坂にある

書籍校閲専門「鷗来堂」さんの級数表。

この四角の中に文字をあてはめて

ちょうど四角の枠にぴったり文字がはまったら、

左に記載された数値を見れば良いのです。

級(Q)、歯(H)、ポイント(pt)」への2,989件のフィードバック